トップ温泉石段街食べる万葉歌碑登山記録観光案内駐車場案内トイレ案内お店お宿
榛名湖&榛名神社季節情報足湯水沢うどんお土産日帰り温泉紅葉情報年中行事展望台

2006年09月16日

二つ岳登山記録

榛名の二つ岳に登った。

何年か前にオンマ谷風穴方面から登った事があったが、今回は初めて

伊香保森林公園管理棟から登った。

予めネットで調べたら往復4〜5時間かかるようなことが書いてあった。

後でわかったことだが、4〜5時間コースはぐるり1週するコースだ。

単純に二つ岳の頂上を往復するには2時間もあれば十分だった。

【コース】

伊香保森林公園管理棟⇒わしの巣風穴⇒1合目⇒2合目⇒7合目非難小屋⇒雌岳⇒7合目非難小屋⇒8合目分岐⇒雄岳(来た道を戻る)

【コースタイム】

管理棟(10:35発)⇒もみじ広場(10:40発)⇒わしの巣風穴(10:44着)⇒休憩場所(11:05着/11:10発)⇒7合目非難小屋(11:15着)⇒雌岳頂上(11:25着)⇒7合目非難小屋(11:35通過)⇒雄岳山頂(11:50着)⇒8合目分岐(12:00着・お昼休憩30分・12:30発)⇒管理到着(13:00着)

【登山記録】

森林公園入り口を入るともみじの広場に出る。

二つ岳はそこから直登するルートと、わしの巣風穴経由で登るルートに分かれる。

2つの道は上部の蚕種貯蔵庫跡で合流する。

せっかくなので風穴経由で行った。

もみじの広場からは5分くらいで風穴に到着。

ここまでは平らの遊歩道だ。

わしの巣風穴の所には水道とベンチがあった。

1合目という看板あり。

そこから本格的な登山道の始まりだ。

少し登ると、蚕種貯蔵庫跡に出る。

もみじの広場から直登してきた道と合流。

そこからは結構急な登りだ。

しばらく行くと2合目の看板がある。

引き続き急な道が続く。

歩き始めて30分で休憩。

休憩場所から歩き始めると非難小屋まで200mという看板があった。

ほんのちょっと歩くと、道は平坦になり、7合目の非難小屋に到着した。

最初から知っていれば、7合目で休憩したと思う。

7合目の非難小屋からまずは雌岳を目指す。

案内板があるので迷うことはない。

途中人工階段があって登りづらかった。

7合目非難小屋から10分で雌岳山頂に到着。

今日はガスっていて展望ゼロ。

証拠写真だけ撮って雄岳を目指す。

7号合目の非難小屋に戻り、今度は雄岳目指して、急な道を登る。

急な道を登りきると、オンマ谷方面からのルートとぶつかる所が8合目分岐に到着だ。

8合目の分岐から10分で雄岳山頂到着。

こちらも視界ゼロ。

記念撮影をして下山。

8合目分岐でお昼ご飯を食べる。

下りは休憩なし、約30分で管理到着。

【写真案内】

IMG_1362.jpg
↑管理棟全景

IMG_1377.jpg
↑伊香保森林公園

IMG_1361.jpg
↑管理棟駐車場

IMG_1378.jpg
↑森林公園入口

IMG_1384.jpg
↑もみじの広場

IMG_1388.jpg
↑もみじの広場にある看板

IMG_1394.jpg
↑蚕種貯蔵庫跡地

IMG_1398.jpg
↑蚕種貯蔵庫付近(看板多数あり)

IMG_1405.jpg
↑7合目非難小屋

IMG_1409.jpg
↑雌岳への登り(歩幅の合わない登りづらい階段)

IMG_1413.jpg
↑雌岳山頂

IMG_1419.jpg
↑8合目分岐

IMG_1423.jpg
↑雄岳頂上

【管理棟】

管理棟には駐車場、水道、トイレ、休憩所、万葉歌碑あり。

森林公園の地図も無料配布されています。

メインサイト夢二の愛した伊香保・榛名へ戻る
posted by いかれぽ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23853569
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック